ハープ奏者の仲西洋子さんがピックアップマイクMSPを使用した口コミのメイン画像

仲西洋子さんのMSPピックアップをハープに使ってみた

ピックアップメーカー123sound.jpが仲西洋子さんのアコースティック楽器用ピックアップマイクMSPの使用例をご紹介します。

ハープにMSPを使ったご感想 from 仲西洋子

ケルティックハープにMSPピックアップマイクを取付け アイリッシュハープにも使えるMSPピックアップマイクの取付け位置

使用楽器はCamacの38弦のケルティックハープです。
中型のハープになるとマイクの取り付け位置によって、
音の拾い方が全然変わるのでちょうど良い位置を探すのに時間がかかりました。
私のハープの場合は上の方へ行くほどその部分の音しか拾わなくなるので、
取り付け位置は写真のように下のホール近くにしました。
響板につけると弦を触る雑音までかなりクリアに出てしまいますので、
私の楽器では響板よりもボディの方がよいです。

磁石の方のクッション素材(※1)の有り・無しですが、
これは有りの方がかなりよく音を拾います。
少しシャリっとした音も消えて綺麗に聞こえます。
(ライン録音だとかなり鮮明に違いがわかります)
ハープは残響も多い楽器ですので、機材の調整も必要になってくるかと思いますが、
ケルティックハープでバイオリンやフルートの伴奏をする場合、
やはり多少の音負けがありますので、
アンプを使って補助をすると楽器の方も遠慮せず演奏できていいと思います。
その部分でMSPはかなり綺麗に音を拾え、見た目にもすっきりしています。

ハープの録音機材・マイク等使用機材:ローランド PHIL JONESベースアンプから出力した音をカメラで集音しています。

サウルハープ等にも使用できるピックアップマイクのテスト※1:2017年8月現在に試作・考案中の新しいクッション材。今回はこれを磁石と楽器の間に挟む実験です。

*2017年8月に仲西洋子さんよりいただいたコメント。*


クッション素材の有無による違い

ハープのマイク録音音源原音
ハープのピックアップによるライン録音音源ピックアップを使用
ハープのピックアップによるライン録音音源withクッション材クッション素材を使用

ライン録音

原音マイク録音

ピックアップ ライン録音

ピックアップ&クッション素材 ライン録音

※ブラウザの種類やバージョンによって再生できないことがございます。Google Chromeで再生できます。

仲西洋子 Biography

略歴

仲西洋子:(プロフィール)

音楽好きの家庭に育つ。大阪芸大卒。
クラシック・ジャズで活動、音連「音の和」では編曲作品も提供し、
編曲した楽曲は国内外で販売中。

ハープ奏者の仲西洋子サイト 仲西洋子さんの Youtube チャンネル
    

Other

MSPピックアップをハープに使用した動画:

MSPとは

磁石で取り付けるマグネティックマイク

マグネットサンドイッチドピックアップ、通称MSP(エムエスピー)。磁石で簡単に取り付けられる、国内・国際特許取得済の新しいタイプのコンタクトピックアップです。電池のいらないパッシブタイプのマイク。ピエゾとは思えない自然な音を実現できます。

詳細を確認する

楽器を傷つけずに取り付け可能

磁石で楽器のサウンドボードをはさむだけで簡単に取り付けられます。楽器に穴をあける必要も特別な工具も必要ありません。粘着で楽器を汚すこともありません。届いたその日に取り付けができ、いらない時には外せるので、お手持ちの複数の楽器に使いまわせます。

詳細を確認する

好みの音を探せる

MSPは取り付けた位置の音の響きをとりますので、取り付け位置が数ミリ変わるだけでも違う音色を楽しめます。様々な取り付け位置をお試しいただき、お気に入りの音色を見つけてください。お客様の使用例は下記リンクよりご覧いただけます。

詳細を確認する

自然な音色

強力なネオジム磁石でピックアップを押圧することで、サウンドボードの響きをダイレクトにとることができます。これが123sound.jpの特許技術。楽器を傷つけず固定するだけでなく、個々の楽器の音の個性を引き出すことができるのも魅力のピックアップです。

詳細を確認する